アル中予備軍の俺が酒に溺れるまでの話する


1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:42:21 ID:Bxt
他所でも書いたが今日だけは喚きたい気分

幼年期、→家庭の恐怖と違和感、学校でいじめをされ続けストレスで食欲不振、ガリガリに
中学校も1年、2年とさらにひどいいじめにあうが、ヤンキーの親友がいたので夜な夜な出歩くように

酒の無い家庭だった自分は、その時に酒の味を知ることになる

2: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:42:32 ID:Bxt
厨房なんで勿論ひどい酒だった
ろくに飲み方もわからん当時は、ひたすらに量をあおって訳のわからない感覚になっていくのを楽しんでた

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:43:10 ID:Bxt
酒を飲んでからは一気にはまりこんでいった
サケを飲むと、苦もなく人と話ができる!
自分の感情を良くも悪くも我慢することなく発言できる!
こんな気持ちの良いことはなかった

4: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:43:31 ID:Bxt
高校になってバイトを始めると、その金の殆どを酒に充てるようになった。
学校をサボってまで酒を飲むようになり、二日酔いも毎日だった。
酒が大嫌いな親は激しく叱責したが、それでも隠れて飲んだ
何度もバレて、そのたびにどうしたら見つからないで酔える考えた

5: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:43:57 ID:Bxt
バイト前でも飲むようになり、バイトが終わると一人で飲みに行ったりした
文化祭準備の日には水筒に酒を入れて飲んでたが、酔いすぎて教頭に捕まった。
が、怒られるどころか凄く同情された。酔ってあまり記憶はない

6: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:44:34 ID:Bxt
就活が始まると、面接前の緊張をほぐす為に酒を飲んだ。
飲み始めると止まらないので、絶対に飲んでるのばれてた事もあったと思う。
それでも、就職先が決まった。病院の看護助手だった

7: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:45:11 ID:Bxt
特殊な病院だったので、アル中でおかしくなった患者もいた。
それを見て危機感覚えるかと思えば全くそんな事なく、逆に安心した。
自分はまだまだ大丈夫な所にいると。
勤務先ではかなり若い方だったので、職員には気に入られ可愛がられた。最初のうちは

8: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:46:15 ID:Bxt
勤務前には酒を飲んで仕事の緊張をほぐそうとした。
もちろん、出勤ギリギリまで飲む。時間が近付くと焦って一気にたくさん飲もうとする。
仕事覚えは悪く、うまくできない。
そんな俺を、だんだん周りは冷たい目で見るようになっていった。
そのストレスで酒の量が増え、ペットボトルにこっそり酒を入れて勤務中にも飲むようになった

9: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:46:57 ID:Bxt
二十歳を越えてすぐ、すぐに体調が崩れるようになり仕事を休みがちになる。
二週間入院することになるも、入院中も外出許可をもってコンビニに行き、ボトルコーヒーにウイスキーを混ぜて持ち込んで飲んでた

11: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:47:46 ID:Bxt
結局、1年ほどで仕事はやめてしまった。
その後色んな仕事を転々とするも、やはり酒からは抜け出せない。

そんなこんなで、今はニートになってしまったとさ。 ちゃんちゃん

16: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:54:01 ID:pAi
今現在いくつよ?
予備軍じゃなくて立派なアル中じゃね?



コメント